ハーブティーの効果

ミントやセージなどという草やローズの花といったハーブに該当する部分を乾燥させ、煮出したものをハーブティーといいます。
普通に飲まれるお茶の原料のチャノキもそれに該当すると言われています。
種類によって様々な効果があると言われておりまして、特に多いのが鎮静や清涼の効果を現し、癒しの効果を与えるものがあります。
複数の薬草をブレンドしたものもあります。
また、人によってアレルギーの成分をするものもありますし、社会問題になっている脱法ものもありますので、安易に摘み取って煎じるのはよくありませんので注意してください。

ハーブの活用

美味しく飲めるハーブティーは、癒しの存在でもあります。
ですが、自分としハーブを用いる時は効能を利用します。
ミントティーなどは、口の中にできた口内炎に効果的です。
鎮静作用と、炎症を抑え、殺菌作用もあります。
そのために、口内炎になった際には、ミントティーを飲みます。
また、風邪にも良いようで、飲むとすっきりとします。
ハーブの力でちょっとしたものを治し、そして気分はすっきりと癒しを貰えます。
自然の力は偉大です。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.